「医療ミス」と「医療事故」

「医療ミス」を報じるニュースがあります。
これをよく見るようになりました。
分かりますかね。
手術時に体内にガーゼを入れ忘れたままで、お腹を縫い合わせます。
点滴を間違えて、患者が重体になってしまったと言うニュースがあります。
産婦人科で、妊婦さんを間違えて、堕胎手術をしてしまったというニュースがあります。
『医療ミス』 医療に密接にかかわる医師、看護師などが、人為的ミスを犯してしまいますよね。
患者に的確ではない処置を施してしまう事を言います。
最悪にも、患者が死に至ることがあります。
患者が裁判に訴える事もしばしばありますよね。
同じように使われる言葉で「医療事故」もあります。
これは、一般的に医療に関する事故の事を言います。
医療に関わる場所で、医療の全過程において発生する全ての人身事故の事で、以下の場合を含みます。
尚、医療従事者の過誤、過失の有無を問わない場合があります。
1.死亡、生命の危険、病状の悪化などの身体的被害及び、苦痛、不安などの精神的被害が生じた場合が挙げられます。
2.患者が廊下で転倒します。
それによって、負傷した事例の様に、医療行為とは直接関係しない場合が挙げられます。
3.患者についてだけでなく、注射針の誤刺の様に、医療従事者に被害が生じた場合が挙げられます。
尚、「医療過誤」は医療事故の一類型とされています。