行政書士には家系図作成専門の人もいます

現在、行政書士の仕事は多岐に渡っていますが、その中でも特殊な仕事として「家系図作成専門の行政書士」というのがあります。
行政書士の仕事とは書類作成や取得業務なので、家系図作成の場合、該当する役所に電話をかけたり当時の書類を取るために交渉をしたりする業務があります。
そうして取得した先祖の情報を家系図作成ソフトに打ち込み、家系図を作成します。
この業務で大変なのは、故人の足跡をたどり、該当地域の役所や図書館などで調査をする仕事なので情報収集能力と交渉能力、書類作成能力といったスキルが求められます。
ただ、現在ではどの行政書士も家系図作成の仕事を行っていたり、和紙への印刷、データ納入など総合的な事務処理能力が求められます。
根気のいる作業です。